水道工事

各家庭から出る汚水を公共マスを通じ、公共下水道へ排水する工事を行っております。
これまで汲み取り式だった下水も、切り替え工事を行うことで近隣の河川などの環境保護にもなります。京都府全体の下水道普及率は平成17年4月の時点で87%、奈良県の下水道普及率は平成18年度4月の時点で68.1%となっており、下水道の使用できる地域も増えてきております。公共下水道が使用できる地域でまだ下水切替工事をされてない方は早めの切替をお勧めいたします。

※詳しくは当社の西脇産業お問い合わせください。